フォト
2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
ブログパーツ
byできるじゃん

美術展案内

« 父逝く | トップページ | 将来は娘に代筆 »

2009年10月15日 (木)

納棺

葬儀まで3,4日間が空くので自宅に安置していた父も納棺して斎場の冷蔵庫に保管することになった。旅装束の父の伽半などの紐を一人ずつ かた結びにしていく
ほどけないように結びきる

そういえば昔ラップスカートの腰紐を前でリボン結びにするところを後ろで長さが足りないのでかた結びにして着ていたら、スーパーで見知らぬおばあさんがいきなり後ろから手を出してきて、「これは死人が結ぶやり方だよ」と教えてくれたことがあったっけ。
そのときは結びきりが縁起が悪いとはしらなかったな 二十歳ぐらいのときだったと思う

そんなことを思い出しながら棺に折り紙の鶴など入れて斎場まで行った
地下の冷蔵庫は30個くらい並んでいただろうか

よくドラマで検死体が保管されているような冷蔵庫と同じみたいと思った
お通夜まで父はそこで待つ

夕方マンションに行った
父が死んでから初めて父が毎日過ごしていた場所に探し物を取りに行ったのだが、
いつも父が座っていた座卓がそのままの状態で置いてあり、『ああ、もうここにお父さんが座ることは無いのだな』と思ったとたん また涙があふれた。
人は皆思うはずだ。なぜもっと沢山一緒に過ごしたり話したりしなかったのだろうと。
もう二度とそこで会話をすることは無いのに…
今年のお正月も「これが最後かもね」なんて冗談交じりで話していた父
父は東京、私は横浜で通えば1時間足らずだが、普段は私にも家族がいるのでめったに会いに行ったりしない。私は何もしていない。いつも、いつも何もしていない。
そしていつもこうやって悔恨だけが残るのだ

« 父逝く | トップページ | 将来は娘に代筆 »

家族の事」カテゴリの記事