フォト
2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
ブログパーツ
byできるじゃん

美術展案内

« 81歳の誕生会 | トップページ | 納棺 »

2009年10月13日 (火)

父逝く

昼前息を引き取った
私は自宅にいたので間に合わなかった
兄も新潟出張でいなかった
姉が世話をしていたので、姉から聞いた話だ

父がトイレに行くので介添えをした
用が済んだ後立とうとしたときにふらつき、座り込んだ
少し休もうかと声をかけたら痙攣を起こし、白目をむいた
これはと思いすぐ訪問看護のナースに電話、
救急車を呼ぶよういわれ119
その間心臓をさする、ナースが到着して心臓マッサージ
救急隊到着
ベットで蘇生術そのまま東邦医大に搬送
30分蘇生を試みるが反応なしで、処置終了
それが11時半ごろか

思い返せば、痙攣の後、反応が無かったので、もうそのときには心臓が止まっていたんだろうなと姉

なんと、あっさり逝ってしまったのか、
退院して自宅介護になって1ヶ月もたっていない。

いろいろ思いはあるが後々書こう

そういえば母が話した
その日の朝父が母と姉を呼んでベット脇に座らせ
「もう、医者の治療も訪問看護も受けない、水も一切飲まない」
「しっかり強く生きなさい」

父は家族に介護される自分がいやだった。許せなかったのだ。
古い人だし、武士の血が流れていて、何も出来ないのに存在しているのが苦しかったのだ
。きっと昨日の誕生会を区切りに、自分で最期を決めたのではないかと思う

それにしても早すぎたのでは?
せめてお正月までいて欲しかった、それは回りにいるものの身勝手だろうか
つらいのは本人で、そのつらさは私には計り知れない

16時に自宅にいったん搬送19時にお寺さんを呼んで枕経を上げてもらう

旦那さんと子供2人も呼び(真ん中の子が熱でおばあちゃんとお留守番)

お祈りする

« 81歳の誕生会 | トップページ | 納棺 »

家族の事」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1237910/31779342

この記事へのトラックバック一覧です: 父逝く:

« 81歳の誕生会 | トップページ | 納棺 »