フォト
2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
ブログパーツ
byできるじゃん

美術展案内

ロマンス・ヒストリカル・映画

2011年5月19日 (木)

美女と野獣

Beauty5_2
先日数年ぶりにディズニーの美女と野獣をDVDで見ました。
前回見たときは、話はもちろん御伽噺の王道で、舞踏室の美しさが印象に残っていた位です。
ロマンス漫画をメインで描くようになってから改めて見直してーー
いやー、ちょっと泣いちゃいましたよーcoldsweats01こっぱずかしいですが…

一体どこに泣くところが?と思われるでしょうがー
野獣の最後の言葉で「これで楽になれる」という台詞ですー
もともと野獣の心情は多く語られていないし、彼の苦悩はアニメーション上の表情で読み取ってという感じだし、ミュージカル仕立てで明るく楽しい雰囲気にしてあるから以前は「うーんなかなか良かったなー」くらいでした。
ところが今回見たら 愛するがゆえにベルを帰すところに始まり、臨終の台詞で 書き表していない王子の苦悩や悲しみが自分の中で溢れ出しまして、はぁ、ほんとに一気に溢れたって感じですcrying、まぁ、馬鹿みたいと思われる方も多いかもしれませんがー(;・∀・)
ちなみに隣で一緒に見ていた旦那さんは、召使い達が「人間に戻ったらこうしたい」と歌うシーンで すでにヤラレタといっておりましたweep
二人そろってお人よしなんでしょうかねー単純というか

男の意見としては「野獣のままでいいのに」だそうで、やっぱり外見でなく中身だけに惹かれて欲しい願望の現われですよね
女としては、「中身だけに惹かれたんだけど、最後にサプライズご褒美がないと… 物語なんだからせめてー ですよねー

とにかく改めて美女と野獣はいい話だなーと…

ちなみに、ファンの方には申し訳ないですが、ディズニーの絵は好きなほうではありません、
作品によっては絶対見るのもいや!というのもあります、
ベルもちっとも綺麗とも思いませんが…


『美女と野獣』挿絵、ウォルター・クレイン

しまった、私の好きなウォルタークレインが絵を描いているー、探さなくてはーsweat01

美女と野獣
La Belle et la Bête) は、フランス異類婚姻譚民話1740年G・ド・ヴィルヌーヴ夫人によって最初に書かれた。現在広く知られているのはそれを短縮して1756年に出版されたJ・L・ド・ボーモン夫人版である(ウィキペディアより引用)

2010年11月15日 (月)

トワイライト3観て来た

トワイライト エクリプスを観ましたEclipsegallery_ph07
これから観るから、あらすじも知りたくないという人はこの先は読まないで下さいね

私的には ★3.5~4というところでしょうか
辛口かもしれませんが、シリーズも進んでくると最初の感動がどうしても薄れてしまって、
こちらの期待が大きすぎてしまうのでしょう。

ヴィクトリアはベラへの復讐のために新生ヴァンパイアを大勢作り出し襲いに来る
対抗するためカレン家は狼族と協力し合って戦うことにする
そしてエドワードとベラ ジェイコブの三角関係は…

二人のヒーローの愛は大変かっこよいです。特にジェイコブの愛がクローズアップされていたように思えます。
もちろんエドワードの愛がゆるぎないものだというのは周知の事実だから、あえて今回強く押し出さなくても良かったのかもしれません
それに対して、ベラは、ジェイコブの愛に甘えて、都合よく利用してない?と ちらりと思ってしまいました。
そこんとこが、女として気に入らなかったのかもー!
〈ここからは私憤〉エドワードを選んだんだから、もっとジェイコブに対して毅然とした態度を取るべきよー
ジェイコブに愛されてるの知ってて、ときどきふらふらっと頼るような態度取るから気に入らないのよ!

もちろん、ベラも浮ついた気持ちでないのはわかってます。わかってますがーーsweat01

話の面白みとして今回良かったのは、ロザリーとジャスパーがどうしてヴァンパイアになったかというエピソードが明らかになったところ、ジャスパーは今まで注目heart01してたけど出番が少なかっただけに、今回は嬉しい
私はアリスとジャスパーが好き(*^.^*)
新生ヴァンパイアに立ち向かうみんなはかっこよかった

ラスト エドワードはついにヴィクトリアを仕留めるので、これにて一件落着?

さて、シリーズ4ではついに二人は結婚か!?
原作を2までしか読んでないので、私は全然知らないのですが、

今回のシリーズ3もこれから手に入れて読もうかな、どうしようかなと考え中です
最初の「初恋」は映像を見てコロッと参り、これは原作読まなきゃーといそいそと手に入れてがっかりしたのです
原作ファンの人ごめんなさい!
でも私としては、さぞかし文章では事細かに主人公達の心理描写が描かれているのだろうと期待していたのに、それがぜんぜん、若い子の日記を読むような文章にがっかりだったのです。
私が求めていたものと違った、これなら映像で十分、そう感じたのは私だけでしょうか?
世界中でベストセラーになる本だとは… 
アイデア、設定、お話は確かに面白いです。良く出来てると思います
でももしかして、この簡単な文章だからこそ若者に受け入れられたのかな… 若者の本離れとか聞くし…(世界中そうなのかな?)
とか考えているんです

とりあえず、もうしばらくは要チェックEclipse_official

 

2010年4月 8日 (木)

トワイライト~初恋~

遅ればせながら、トワイライトの紹介です
今頃①を観たのかって? そうなんです、全然知りませんでした
もうすぐ③が公開になるのに…coldsweats01Gallery_ph03

われらロマンチック好きの永遠のテーマ、 ヴァンパイア ですーheart04heart02
ああ、ステキ、 
ヒロイン クリステン・ステュアート
ヒーロー ロバート・パティソン
もちろん彼がヴァンパイアGallery_ph07

何が一番ぐっと来たかというと、ストイックなあの態度 いいわーlovely

顔の白塗りが気になったけど、仲間も独特の雰囲気を出せているし、アクションもすごい、
ヴァンパイアの野球シーンも面白い、映像の作りも気に入りました

知らない方々はDVD出てますから是非観てみてください

私も遅ればせながら原作読んでみようっとnote

公式ファンサイト
トワイライト

2010年3月 9日 (火)

ステキ!ルミネのトイレ!!

昨日横浜に行ってたまたま見つけたのですが、Lumne_a_2 東口にあるルミネの1Fのトイレがなんてステキなheart04shinelovelyshine
トイレへのアプローチの両側には額縁の写真が飾られていて、まるで映画のワンシーンのようですhappy02heart01
トイレは多角形の部屋の中央に洗面台が取り付けられていて周りにトイレが6個くらいあります。扉には番号が振られていて、たとえ全部ふさがっていても、数字の並んだ扉がぐるりと見えるの面白いと思いますLumne_b
近郊の方はぜひ入ってみてください
少女趣味でなくても、あの空間にしばし浸れるのはステキですcrown
あそこで身だしなみをして出てきたら自分がすごく美しくなっているような気がするはず

2010年2月15日 (月)

映画バレンタインデー

バレンタインデー見ました800x600_heart_all_2 五つ星中…2.5点~3点くらいかな。ユーモアあり、ちょっとしんみりあり、全体にまとまってはいるんだけどあまりにエピソードが多すぎて、こんがらがっちゃうきらいが無きにしも非ず…

メインの二人は花屋さんと、その友人、それぞれお相手がいたけど、上手くいかなくて、最後にお互いの大切さに気づくというのが大きな話のひとつです
老夫婦の会話が心に残りました。
「嫌いなところも全部含めて愛して欲しい」というようなことを

個人的にベストカップルはブラッドレイ・クーパーheartとジュリア・ロバーツです(正確にはカップルではないですけれど、出番も少ないし)

バレンタインデーオフィシャルサイト

2010年2月10日 (水)

映画ヴィクトリア女王

今日はヴィクトリア&アルバート公の結婚記念日heart01しってました?

今頃ですが、ヴィクトリア女王観てきました。1007867_01
渋谷ですが、地下では「ヴィクトリアンジュエリー展」もやっていて、2つ一緒にheart
相思相愛の2人、女王は晩年ずっと喪に服していたというのは有名ですが、
そんな2人の強い絆が感じられる作品でした。
限られた時間でいろんな人物の思惑を伝えるために交錯しながらの台詞や場面転換が上手くまとまっているとは思ったけれど、史実に疎い私には展開が速くて(頭が付いていけない^^;)と思ってしまいました。

ビデオ出たらゆっくり観ます

それから国民のために行ったいろいろなことも、台詞で「~したい」というだけではなく映像でちらりとも見せてもらえたらぐっと良かったと思います 二人の絆と同時に、国にも良い女王だったという事がより伝えられたのではと思いますそこのところがちょっと残念だったかなぁ。

でもいかんせん、時間がないものね。あのようにまとめて、精一杯だったかも。

ルパート・フレンドのアルバート公、かっこよかったです。

「プライドと偏見」でウィッカム役で見たとき、「かっこええ!!」と心で叫んだものですが、ウィッカム自体はたいした役ではなく、出番も口数も少ないし、残念と思っていました

なので、今回ヒーローでうれしいheart04髪型はびみょーだったけど、見慣れれば全然オッケー
キスシーンでカールした前髪がはらりと垂れる所がよござんしたーheart02

物語の中では細くて高くて、当時のイギリス伊達男はかくあらん というところでしょうか (ん?彼はドイツ人?)メルバーン卿も、強面のコンロイでさえ男性陣は皆細くて背が高くてー、実に美しいシルエットでした

背景の美しさ、やはり本物はすてきですねぇ 目の保養にもなりますcrown

ヴィクトリア女王 世紀の愛

このレポートを3月20日発売の「月刊ハーレクイン」に3p描きます。みてね

2010年1月18日 (月)

十二夜

年末年始のケーブルで撮りためていたものを見ているのですが、Twen_night
今回は十二夜です

シェイクスピアの喜劇 ご存知の方も多いでしょう
それの映画版です。
恋に落ちたシェイクスピアのラストで彼がこの十二夜を書くというエピソードになっているのを、覚えている方もいると思いますが。

映画は1996年イギリス制作

身寄りのない双子の兄妹が海で難破して、それぞれ片割れは死んでしまったと思いながら、妹のヴァイオラは打ち上げられた土地で男装してオーシーノ公爵に小姓として仕えます。
オーシーノ公爵はオリヴィアという令嬢に恋をしているが、ヴァイオラは公爵を愛してしまいます。ところがオリヴィアは男装のヴァイオラに恋をして…

もとが舞台喜劇なので、ストーリー展開の安直さは目をつぶって見ましょう^▽^)

なぜわざわざこれを取り上げたかというと、先日ここで記述した「ジェイン エア」に出ていたトビー・スティーブンスがオーシーノ公爵役で出ているからなんですねー
若いです「ジェイン エア」より11年も前の映画です
お肌もぴちぴちで、あの端正な顔立ちのせいか、冷たい感じがしますね。
私的には40才になって、ちょっと落ち着いた感じの、口の脇にしわが少し見えた「ジェイン エア」の伯爵のほうが好みですかなー
いえ、私はけしてオジサン好みではないのですが…

もうひとつ、よかったのが、ヴァイオラの男装、口ひげをつけて、ぶかぶかの軍服を着て、顔立ちは決して甘々ではないんだけど、周りの男たちと並んで歩いたりするとやっぱり女性なんだよねーコートもぶかぶかだし、という微妙なバランスが(アンバランスというべきか)なんかよかったなーconfident

詳しくは十二夜 をみてね

2010年1月17日 (日)

召使いたちの大英帝国

今日は本の紹介です
召使いたちの大英帝国: 小林章夫/ 洋泉社 2005
メイドや使用人達がどんなだったかをわかりやすく簡単に紹介解説してくれています。
入門書として良いと思います

2010年1月15日 (金)

ジェイン エア

お正月に再放送したlalaTVのジェイン エアを紹介しますJe

仕事の関係もあって、2年位前から海外ドラマをチェックしているのですが、主にBBCの作る時代劇 
(日本語で訳すとなんか^^;)ヒストリカルといっておきましょう

もう何度も放送されてるようですが、外国文芸作品とは縁のなかった私、
初めて見まして、その原作の存在も知らなかったわけですが、原作シャーロット・ブロンテ なんです

伯母に愛されず学校に預けられ育ったジェインが家庭教師になって赴いた屋敷で愛を見つけるというミステリーロマンスです

泣きましたーweep
ミステリーも含んでて、はらはらしながら、ジェインの愛はどうなるの?
とやきもきしながら…

でもジェインは強い女性なので、ジェインの心配よりも私はロチェスター伯のほうが気になって気になって、ううーホンとに最後の再会のシーンでは何度見ても涙がぼろぼろですーsweat02
二人の会話もぐっと来ますし、ちょっと壮年がかったロチェスター伯に私はやられてしまいました。若干おでこが広めーと思って見ていたのですが、見ているうちにあの表情がたまらなくてー…lovely
久しぶりにときめいてしまいましたよー

この作品過去にいくつも映像化されてるので、お好きなキャストを選んで見てみるのも良いかもしれません。ロチェスター伯にティモシー・ダルトンのDVDも出ているみたい
でも今回のドラマは2007年だから、映像も新しいし、4時間ドラマだから細かく作られているし、良いと思います
なんたってロチェスター伯のトビー・スティーヴンスにめろっちゃったしhappy01heart04

いま調べたらトビーは今年40歳?壮年というのは失礼でしたね^^;)実年と言わねば

きっとLALAtvでは定期的に再放送をするはずですからご興味のある方はチェックしてみてくださいね
詳しく知りたい方はもっとちゃんと紹介されてるところがありますから
こちらをご覧ください
choroねえさんの「シネマ・ノート」
lalaTV